top of page

繕いものワークショップ at 長谷川町子美術館





桜新町にある長谷川町子美術館で、ワークショップをさせていただくことに

なりました。

長谷川町子さんと言えば、サザエさんやいじわるばあさんの作者として

幅広い世代に愛される作家さんです。

わたしも日曜の夜と言えば、サザエさんというくらい小さい頃から見ていました。

そんなサザエさんの中で、フネさんが眼鏡をかけて、昔ながらのお裁縫道具で

和室で正座してお針仕事をするシーンが印象に残っています。

みんなで食卓を囲むシーンと同じようにさりげないシーンなのですが、お母さんは

なんでも直してくれる安心感のようなものを感じたのかもしれません。


美術館の存在は知っていながら、訪れたことがなかったのですが、サザエさん同様

世代関係なく楽しめる素敵な空間でした。

そんな場所で生活に寄り添う『繕う』という視点でワークショップをさせていただく

機会をいただきました。

穴が空いてしまった靴下や、Tシャツ、シャツなどを素材に合わせたやり方で

お直しします。少し手間のように感じるかもしれませんが、繕うことでまた

生き返る、愛着が増す行為なのだと思っています。

愛着があるものに少し綻びが出てしまっている方がいたらご参加いただけたら

嬉しいです。


・日時:2024年2月11日(日)

 午前の部 10:30〜12:30

 午後の部 14:00〜16:00

・会場:長谷川町子記念館喫茶部(またはミーティングルーム)

・参加費:3500円(当日お支払いください)お茶付き

・定員各回10名(中学生以上の方対象)

・持ち物:お直ししたいもの、糸切り鋏

・お申し込み方法

①か②のいずれかでお申し込みください。

① 長谷川町子記念館購買部・喫茶部X(旧Twitter)へダイレクトメッセージでご連絡ください。

② 長谷川町子記念館購買部・喫茶部へお電話ください。(電話番号:070-5365-6133)




閲覧数:274回

Comments


bottom of page