top of page

norokkaさんとのコラボランドセル




素敵なご縁をいただき、ランドセルのデザインをさせていただきました。


norokkaは、アウトドア好きのパパががはじめた、子育ての中で感じたもっと

こうだったら?といった疑問や、願いをプロダクトにしているブランドです。

どの商品も機能性や快適さ、もちろん日常に取り入れたいスタイリッシュさも

兼ね備えたものばかり。


今回、お話をいただき、現代のランドセルの選択肢の多さにまず驚きました。

わたしがランドセルを背負っていた頃は、男の子は黒、女の子は赤の革のものが

ほとんどでした。ちなみにわたしは、金箔でイニシャルが施された赤いランドセルを

祖母に買ってもらいました。


norokkaのランドセルを実際に見せていただいた時に、まず驚いたのはその軽さ。

とっても軽い!そして、細部に様々な工夫が凝らされているのですが

フラップの上の部分が開閉するので、中が見やすく、取り出しやすい! 昔は、そっと下の金具を緩めるイタズラがありましたが、その心配もありませんね。

それから、なんといってもフラップを選べるところ。

オーソドックスなものもあれば、アーティストコラボの楽しいものもたくさんあります。

だから、気分に合わせて着せ替えなんてこともできますね。

6年のうちに好みが変わってしまっても安心です。


どんな図案にしようかと話しあった際に、印象的だったのは、『毎日使うものだから

楽しく学校に行けるようなものにしたい』ということ。

一人で心細くないように、動物たちと一緒に楽しく登校できるようにとサーカス団に

扮した動物たちの刺繍に決めました。

機械刺繍は、以前、See Sew project の取材でもお世話になった、桐生の老舗

笠盛さんにお願いし、わたしの手刺繍の風合いを感じさせつつ、糸の向きやステッチも

工夫して綺麗に再現していただきました。

刺繍が施されたランドセルってあまり見たことないですよね。

美しい仕上がりに、背負えないことが残念です。



公式オンラインショップや、全国のお取扱店、おうちでレンタルして検討できる取り組み

もあるようなので、詳しくは公式サイトをご覧ください。

ランドセル以外にも、子育てにあったら嬉しいプロダクトがたくさんありますよ。


閲覧数:440回

댓글


bottom of page